ナイーブT細胞(Th0)

ナイーブT細胞とは抗原提示を受けたことのないT細胞のこと。

T細胞は役割によって姿を変えるのが特徴ですが、ナイーブT細胞は姿が変わる前のT細胞で、言わばデフォルト版と言えます。

T細胞は抗原(=異物)と接触する(抗原提示を受ける)ことによって、それに適した姿に変化していきます。

変化したT細胞は「ナイーブT細胞」ではなくなり、「エフェクターT細胞」と呼ばれます。エフェクターT細胞にはTh1細胞、Th2細胞、Th17細胞などがあります。

最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

no image

クラス I MHC分子

クラス I MHC分子とはその人固有のMHC分子のことです。 MHC分子とは細

記事を読む

no image

クラス II MHC分子

クラス II MHC分子とはマクロファージなどの抗原提示細胞が異物の情報を分析し、T細胞(ヘル

記事を読む

no image

抗原提示

抗原提示とはウィルスなど外部からの異物(=抗原)の存在とその情報を免疫機能の司令塔であるT細胞

記事を読む

no image

MHC分子

MHC分子とは「Major Histocompatibility Complex」の略で日本語

記事を読む

no image
ナイーブT細胞(Th0)

ナイーブT細胞とは抗原提示を受けたことのないT細胞のこと。

no image
抗原提示

抗原提示とはウィルスなど外部からの異物(=抗原)の存在とその情報

no image
クラス II MHC分子

クラス II MHC分子とはマクロファージなどの抗原提示細胞が異

no image
クラス I MHC分子

クラス I MHC分子とはその人固有のMHC分子のことです。

no image
MHC分子

MHC分子とは「Major Histocompatibility

→もっと見る

PAGE TOP ↑