クラス I MHC分子

クラス I MHC分子とはその人固有のMHC分子のことです。

MHC分子とは細胞の状態を現す印のようなものです(MHC分子に関する詳細はこちら)。

その中で「クラス I MHC分子」はその人の細胞ということを証明する印となり、免疫細胞はその印があるものは攻撃しません。逆にその印が違うものや変化しているものに対しては攻撃を開始します。

免疫システムのおけるクラス I MHC分子

免疫システムにおいてクラス I MHC分子は次のような働きを行います。

  • 自己のクラス I MHC分子が正常である場合は、何も起こりません(免疫システムは発動しません)。
  • 他人のクラス I MHC分子が侵入してきた場合(臓器移植などのケース)は、その細胞を異物とみなし免疫細胞が攻撃を開始します。
  • ウィルスが侵入してきて細胞に感染した場合は、そのクラス I MHC分子が変化し、その細胞を異物とみなし免疫細胞が攻撃を開始します。
  • 細胞が癌(がん)化した場合は、そのクラス I MHC分子が変化し、その細胞を異物とみなし免疫細胞が攻撃を開始します。
最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

no image

ナイーブT細胞(Th0)

ナイーブT細胞とは抗原提示を受けたことのないT細胞のこと。 T細胞は役割によっ

記事を読む

no image

MHC分子

MHC分子とは「Major Histocompatibility Complex」の略で日本語

記事を読む

no image

抗原提示

抗原提示とはウィルスなど外部からの異物(=抗原)の存在とその情報を免疫機能の司令塔であるT細胞

記事を読む

no image

クラス II MHC分子

クラス II MHC分子とはマクロファージなどの抗原提示細胞が異物の情報を分析し、T細胞(ヘル

記事を読む

no image
ナイーブT細胞(Th0)

ナイーブT細胞とは抗原提示を受けたことのないT細胞のこと。

no image
抗原提示

抗原提示とはウィルスなど外部からの異物(=抗原)の存在とその情報

no image
クラス II MHC分子

クラス II MHC分子とはマクロファージなどの抗原提示細胞が異

no image
クラス I MHC分子

クラス I MHC分子とはその人固有のMHC分子のことです。

no image
MHC分子

MHC分子とは「Major Histocompatibility

→もっと見る

PAGE TOP ↑