クラス II MHC分子

クラス II MHC分子とはマクロファージなどの抗原提示細胞が異物の情報を分析し、T細胞(ヘルパーT細胞)へその情報を提示する時に使われるMHC分子で、一種の情報伝達手段です。

例えば、ウィルスが侵入してきて細胞に感染する前にマクロファージが補食すると、マクロファージはそのウィルスの情報をクラス II MHC分子を使ってヘルパーT細胞に提示します。

ヘルパーT細胞はその情報を受け取ることで異物を認識し、キラーT細胞やB細胞に抗体を作らせて攻撃する(いわゆる獲得免疫のプロセスの一環)。

クラス I MHC分子が殆どの細胞にあるのに対し、クラス II MHC分子はマクロファージや樹状細胞、B細胞といった抗原提示細胞など限られた細胞にしか存在しません。

最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

no image

クラス I MHC分子

クラス I MHC分子とはその人固有のMHC分子のことです。 MHC分子とは細

記事を読む

no image

抗原提示

抗原提示とはウィルスなど外部からの異物(=抗原)の存在とその情報を免疫機能の司令塔であるT細胞

記事を読む

no image

MHC分子

MHC分子とは「Major Histocompatibility Complex」の略で日本語

記事を読む

no image

ナイーブT細胞(Th0)

ナイーブT細胞とは抗原提示を受けたことのないT細胞のこと。 T細胞は役割によっ

記事を読む

no image
ナイーブT細胞(Th0)

ナイーブT細胞とは抗原提示を受けたことのないT細胞のこと。

no image
抗原提示

抗原提示とはウィルスなど外部からの異物(=抗原)の存在とその情報

no image
クラス II MHC分子

クラス II MHC分子とはマクロファージなどの抗原提示細胞が異

no image
クラス I MHC分子

クラス I MHC分子とはその人固有のMHC分子のことです。

no image
MHC分子

MHC分子とは「Major Histocompatibility

→もっと見る

PAGE TOP ↑