「 免疫システムの問題 」 一覧

アレルギー症状を引き起こす仕組み

臆病なリンパ球 なんでも滅菌・殺菌という公衆衛生上の過剰な防衛が、人の体の免疫システムに異常をきたしています。 昔の子どもは「虫下し」がふつうに行われていたように、寄生虫がいる人はめずらしくあ

続きを見る

アレルギーは免疫システムの誤動作

現代社会の過保護病と言われるアレルギー アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくといったアレルギー疾患は、年々増加しています。もともとは子どもに多い病気なのですが、近年では大人になっても治りきらなかったり、

続きを見る

no image
ナイーブT細胞(Th0)

ナイーブT細胞とは抗原提示を受けたことのないT細胞のこと。

no image
抗原提示

抗原提示とはウィルスなど外部からの異物(=抗原)の存在とその情報

no image
クラス II MHC分子

クラス II MHC分子とはマクロファージなどの抗原提示細胞が異

no image
クラス I MHC分子

クラス I MHC分子とはその人固有のMHC分子のことです。

no image
MHC分子

MHC分子とは「Major Histocompatibility

→もっと見る

PAGE TOP ↑