ナイーブT細胞(Th0)

ナイーブT細胞とは抗原提示を受けたことのないT細胞のこと。 T細胞は役割によって姿を変えるのが特徴ですが、ナイーブT細胞は姿が変わる前のT細胞で、言わばデフォルト版と言えます。

続きを見る

抗原提示

抗原提示とはウィルスなど外部からの異物(=抗原)の存在とその情報を免疫機能の司令塔であるT細胞に提示することを言います。免疫機能のおける一種の警報システム。 どの組織が行うか?

続きを見る

クラス II MHC分子

クラス II MHC分子とはマクロファージなどの抗原提示細胞が異物の情報を分析し、T細胞(ヘルパーT細胞)へその情報を提示する時に使われるMHC分子で、一種の情報伝達手段です。

続きを見る

クラス I MHC分子

クラス I MHC分子とはその人固有のMHC分子のことです。 MHC分子とは細胞の状態を現す印のようなものです(MHC分子に関する詳細はこちら)。 その中で「クラ

続きを見る

MHC分子

MHC分子とは「Major Histocompatibility Complex」の略で日本語では「主要組織適合抗原複合体」と訳されます。MHC抗原と呼ばれることもあります。 ち

続きを見る

免疫力を効かなくするHIV

免疫システムをダウンさせるHIV HIVはHuman Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウィルス)の頭文字です。1981年に初めてその存在が明らかにされました。増殖するとき、

続きを見る

免疫力が効きにくいインフルエンザ

変身するインフルエンザ・ウイルス 毎年冬になると、流行するのがインフルエンザです。その原因となるインフルエンザ・ウイルスは、じつにすぐれた戦略で生きのこる賢いウイルスなのです。 大半の人にとっ

続きを見る

アレルギー症状を引き起こす仕組み

臆病なリンパ球 なんでも滅菌・殺菌という公衆衛生上の過剰な防衛が、人の体の免疫システムに異常をきたしています。 昔の子どもは「虫下し」がふつうに行われていたように、寄生虫がいる人はめずらしくあ

続きを見る

アレルギーは免疫システムの誤動作

現代社会の過保護病と言われるアレルギー アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくといったアレルギー疾患は、年々増加しています。もともとは子どもに多い病気なのですが、近年では大人になっても治りきらなかったり、

続きを見る

古い免疫力と新しい免疫力

年をとっても免疫力は衰えない 免疫の研究が進むにつれて、私たちの体には新旧二つのシステムが備わっていることが明らかになりました。 古いシステムは皮膚や腸管にあり、細胞の異変を監視します。皮膚は

続きを見る

免疫力を利用した予防接種の仕組み

だれでも子どものころにポリオや結核、日本脳炎などの予防接種を受けた経験があるでしょう。 重大な病気の感染予防に有効な方法が予防接種です。予防接種も免疫力を利用しています。こちらで紹介した麻疹やお

続きを見る

麻疹やおたふく風邪に2度かからない免疫の仕組み

ほとんどの人が子どものころにかかる麻疹やおたふく風邪は、二度とかかる心配がない病気として知られていますが、なぜ、二度と感染しなくなるのでしょう。 麻疹やおたふく風邪などのウイルスが体内に侵入する

続きを見る

免疫力に影響を及ぼす自律神経

免疫力には自律神経のバランスが大事 私たちは自分の意思で、心臓をとめたり動かすことはできません。ものを食べたときに胃や腸を動かすのも意思ではありません。とすると、一体どうやってこれらの臓器を動かして

続きを見る

免疫細胞の仕組み2【リンパ球】

リンパ球は連携プレーで撃退 マクロファージや顆粒球は細菌などの異物を丸のみにするという方法で退治しますが、敵が必ずしもマクロファージが食べやすい相手ではないこともあります。花粉やダニ、ウイルスなどは

続きを見る

免疫細胞の仕組み1【顆粒球】

バイ菌の侵入を防ぐ顆粒球 免疫力をつかさどる白血球にはマクロファージやナンパ球、顆粒球の三つがあります。なかでも最大勢力を誇るのが顆粒球で、白血球全体の約六割を占めるのですが、これにはちゃんと理由が

続きを見る

免疫力をつかさどる白血球

白血球とは? 私たちの体をウイルスや細菌の侵入から守る免疫力の要をになっているのは、白血球という血液中の細胞です。 誤解されやすいのですが、白血球は一種類だけではありません。白血球はいわば総称

続きを見る

no image
ナイーブT細胞(Th0)

ナイーブT細胞とは抗原提示を受けたことのないT細胞のこと。

no image
抗原提示

抗原提示とはウィルスなど外部からの異物(=抗原)の存在とその情報

no image
クラス II MHC分子

クラス II MHC分子とはマクロファージなどの抗原提示細胞が異

no image
クラス I MHC分子

クラス I MHC分子とはその人固有のMHC分子のことです。

no image
MHC分子

MHC分子とは「Major Histocompatibility

→もっと見る

PAGE TOP ↑