麻疹やおたふく風邪に2度かからない免疫の仕組み

ほとんどの人が子どものころにかかる麻疹やおたふく風邪は、二度とかかる心配がない病気として知られていますが、なぜ、二度と感染しなくなるのでしょう。

麻疹やおたふく風邪などのウイルスが体内に侵入すると、一回目の感染ではまだ体内にウイルスに対抗する抗体がないため、病気を発症します。このとき体内では、マクロファージがT細胞にウイルスの侵入を知らせ、T細胞がB細胞に指令を出して応戦します。闘いが終わると、一部のB細胞は対戦相手のデータを記憶したまま、休憩に入ります。

二度目にウイルスが侵入すると、今度はいちいちT細胞へ連絡しなくても、前回に対戦したB細胞がすぐに応対して、あっという間に抗体を大量生産できるため、病気を発症させることなく、おさめてしまうのです。これが麻疹やおたふく風邪が2度かからない免疫力の仕組みです。

麻疹が大人でかかると重症になるのは何故か?

近年、大人になって麻疹を発症する人が増えています。全体的にはしかの流行が減り、子どもの頃に予防接種を受けていない人が多いことと、予防接種を受けていても、麻疹患者自体の減少で患者と接触する機会がなくなり、免疫力を高める必要が少なくなったためと考えられています。そのため、大人で麻疹に感染すると劇症化しやすくなるのです。

最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

no image

免疫力を利用した予防接種の仕組み

だれでも子どものころにポリオや結核、日本脳炎などの予防接種を受けた経験があるでしょう。 重大な

記事を読む

no image

免疫力を効かなくするHIV

免疫システムをダウンさせるHIV HIVはHuman Immunodeficiency Virus

記事を読む

no image

免疫力が効きにくいインフルエンザ

変身するインフルエンザ・ウイルス 毎年冬になると、流行するのがインフルエンザです。その原因となるイ

記事を読む

no image
ナイーブT細胞(Th0)

ナイーブT細胞とは抗原提示を受けたことのないT細胞のこと。

no image
抗原提示

抗原提示とはウィルスなど外部からの異物(=抗原)の存在とその情報

no image
クラス II MHC分子

クラス II MHC分子とはマクロファージなどの抗原提示細胞が異

no image
クラス I MHC分子

クラス I MHC分子とはその人固有のMHC分子のことです。

no image
MHC分子

MHC分子とは「Major Histocompatibility

→もっと見る

PAGE TOP ↑