免疫細胞の仕組み2【リンパ球】

リンパ球は連携プレーで撃退

マクロファージや顆粒球は細菌などの異物を丸のみにするという方法で退治しますが、敵が必ずしもマクロファージが食べやすい相手ではないこともあります。花粉やダニ、ウイルスなどは、マクロファージには小さすぎて相手にすることができません。

そこで、リンパ球はこうした微小な抗原を相手に闘います。指令を出すヘルパーT細胞、敵と直接闘うキラーT細胞、抗体を敵に投げて闘うB細胞と役割を分担し、連携して闘います。

貪食能をもつNK細胞や年をとつてから数が増える胸腺外分化T細胞は、単独で細胞を監視し、がん化した細胞など変異した細胞を片づけます。

リンパ球が細菌と闘う免疫の仕組み

  1. マクロファージが外来抗原を捕え、小さなウイルスなどはヘルパーT細胞にまかせる。
  2. ヘルパーT細胞が情報伝達物質のサイトカインを出し、キラーT細胞とB細胞に連絡する。
  3. キラーT細胞が抗原に近づき、分解酵素パーフォリンをふりかけて細胞ごと中和させる。
  4. B細胞が抗体をつくり、抗原に投げつけ中和させる。これを抗原抗体反応という。
  5. NK細胞ががん化した細胞をみつけてのみこむ。グランザイムという分解酵素をふりかける。
  6. 胸腺外分化T細胞が体内の細胞を監視し、変異した細胞を中和させる。
最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

no image

免疫細胞の仕組み1【顆粒球】

バイ菌の侵入を防ぐ顆粒球 免疫力をつかさどる白血球にはマクロファージやナンパ球、顆粒球の三つがあり

記事を読む

no image

免疫力に影響を及ぼす自律神経

免疫力には自律神経のバランスが大事 私たちは自分の意思で、心臓をとめたり動かすことはできません。も

記事を読む

no image

免疫力をつかさどる白血球

白血球とは? 私たちの体をウイルスや細菌の侵入から守る免疫力の要をになっているのは、白血球という血

記事を読む

no image

古い免疫力と新しい免疫力

年をとっても免疫力は衰えない 免疫の研究が進むにつれて、私たちの体には新旧二つのシステムが備わって

記事を読む

no image
ナイーブT細胞(Th0)

ナイーブT細胞とは抗原提示を受けたことのないT細胞のこと。

no image
抗原提示

抗原提示とはウィルスなど外部からの異物(=抗原)の存在とその情報

no image
クラス II MHC分子

クラス II MHC分子とはマクロファージなどの抗原提示細胞が異

no image
クラス I MHC分子

クラス I MHC分子とはその人固有のMHC分子のことです。

no image
MHC分子

MHC分子とは「Major Histocompatibility

→もっと見る

PAGE TOP ↑