免疫力とは?

免疫力とは

免疫力とは、私達の身の回りに存在する病原菌や細菌、ウィルスや毒素、そして寄生生物などから日々身を守っている生体防御システムです。免疫力は特別な細胞や組織、器官などから構成され、私達が健康に生活するためには無くてはならない非常に大切な仕組みです。

免疫力の概要

私たちの生活環境は一昔前に比べると格段に衛生的になっています。とはいうものの、じつはたくさんの細菌やウイルスがそこらじゆうに存在しています。もっと怖い話をするなら、私たちの体内では日々がん細胞が発生しており、すきあらば増殖して体を蝕もうとしています。このようにミクロのレベルで体を見たら、ちょっとしたホラー映画並みの恐怖がすぐそこにあるのです。

しかし、私たちの体はちょっとやそっとの細菌やウイルスに負けることなく、体内のがん細胞ですら撃退し、健康にすごしています。なぜかといえば、それは私たちの体に備わった免疫力があるからなのです。

免疫力の種類

一般に、私たちの体の免疫システムは大きく二つの系統に分けられます。ひとつは、もともと備わっている「自然免疫」というもの。いわゆる自然治癒力と考えるとよいでしょう。

もうひとつが、オプションとして身につけていく「獲得免疫」です。おたふく風邪やはしかなどの感染症に対する免疫に代表されるように、生きていくうちに体が獲得していく免疫です。この免疫は一回戦では病気の発症によって引き分けとなりますが、二回戦からは対戦相手のデータを記憶しているため、負け知らずとなります。

つまり、細菌の侵入を防いだり、体内に発生したがん細胞のような異常事態をつねに監視して、病気の発生を食いとめる働きをもっているのが自然免疫の守備範囲であり、ウイルスに感染した場合に、闘って病気を鎮圧するのは獲得免疫が得意とするところです。

この二系統は、それぞれの免疫システムで働く 「免疫細胞」の得意分野によって支えられています。二つのシステムが連動し、順調に作動することによって、私たちの体は外側の敵にも内側の敵にも対処することができ、健康を維持できるのです。

免疫力を高める食材

免疫力を高める食材にはにんにくや生姜があります。これはにんにくにふくまれるアリシンやジンゲロールなどの薬効によるものです。

アリシンの効果・効能に関する情報はこちらが参考になります。

きのこ類

きのこ類には免疫力をアップさせるというβ-グルカンが含まれています。また、食物繊維が多く含まれているため解毒作用も期待でき、さらにビタミンB群も豊富に含まれているので栄養価的にも免疫力アップが期待できます。ただし、きのこの種類は1万種類以上あると言われ、β-グルカンや他の栄養成分の含有量がそれぞれ違うので免疫力を高める効果も差異があると思われます。

最後まで読んで頂きありがとうございます

no image
ナイーブT細胞(Th0)

ナイーブT細胞とは抗原提示を受けたことのないT細胞のこと。

no image
抗原提示

抗原提示とはウィルスなど外部からの異物(=抗原)の存在とその情報

no image
クラス II MHC分子

クラス II MHC分子とはマクロファージなどの抗原提示細胞が異

no image
クラス I MHC分子

クラス I MHC分子とはその人固有のMHC分子のことです。

no image
MHC分子

MHC分子とは「Major Histocompatibility

→もっと見る

PAGE TOP ↑